図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで 電子書籍 安く 購入 サイト

図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで無料試し読みコーナー


実務経験豊富なプロフェッショナルが、海外子会社不正やリスク、現地経営者への権限委譲、クロスボーダーM&A後マネジメントを事例でやさしく解説する。企業のグローバル展開の加速に伴い、海外子会社の設立やM&Aが急増している。同時に、海外リスクは多様化しており、本社の知らぬ間に顕在化したリスクが、巨額の損失を生んだり、グループ全体の企業価値を毀損するケースも少なくない。実際、企業の不正案件としてもっとも多いのが海外子会社案件と言われている。本書では、多様化する海外リスクの最新動向を踏まえた上で、海外子会社におけるリスクマネジメント・コンプライアンス体制の構築、その上での子会社への権限委譲、日本本社からのモニタリング(内部監査など)について、親会社のガバナンスの視点から解説。著者が実際のプロジェクトから得た知見・方法論をもとに、具体的な一連の実務の流れとしてわかりやすく解説する。国内大手企業の企画部門、海外事業運営部門、コンプライアンス部門、内部監査部門の実務担当者、管理者必読。【主な内容】第1章 日本企業のグローバル化とビジネスモデルの変化第2章 海外子会社に対するガバナンスの手法と体制第3章 海外子会社に対するガバナンスのデザインと導入事例第4章 経営のグローバル化に伴うさまざまなリスク第5章 海外子会社におけるリスクマネジメント活動の展開第6章 海外子会社におけるコンプライアンス活動の展開第7章 不正の予防・早期発見のための内部統制と内部通報制度第8章 海外子会社に対する内部監査活動の展開
続き・・・



図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで「公式」はコチラから



図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで


>>>図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで評判


BookLive!(ブックライブ)の図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まであるある


本屋では、商品である漫画を立ち読みされないように、ビニールで包むことが多いです。BookLive「図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで」を有効活用すれば試し読みができますから、内容を吟味してから購入が可能です。
毎月の本代は、1冊のみの料金で見ればあまり高くありませんが、たくさん買ってしまうと、月単位の利用料金は高くなります。読み放題なら月額料が決まっているので、出費を抑えることが可能です。
幼少時代に何度も読んだ思い入れの強い漫画も、BookLive「図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで」という形で読めるようになっています。小さな本屋では置いていない漫画も取り揃えられているのが人気の秘密だと言い切れます。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界からしたら言うなれば革新的な挑戦です。本を買う側にとっても販売者サイドにとっても、メリットが多いと高く評価されています。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻ごとに決済するサイト、無料で読める作品が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトも各々違いが見受けられますので、比較しなければいけません。






図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までのブックライブ情報

                              
作品名 図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査までジャンル 本・雑誌・コミック
図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで詳細 図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで(コチラクリック)
図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで価格(税込) 2138円
獲得Tポイント 図解 海外子会社マネジメント入門―ガバナンス、リスクマネジメント、 コンプライアンスから内部監査まで(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ